若手社員のやる気スイッチ

若手社員のやる気スイッチ

皆さん、こんにちは。
チームビルディング協会ナオ@倉科です。

若手社員を中心としたチームビルディングの機会が最近多いのですが、改めて若手の「内に秘めるパワー」は凄いと感じました。

一見やる気が無さそうに見えるのですが、
スイッチさえ間違えなければ、瞬間的に若手社員に変容が起きるのです。

瞬間的にモチベーションがアップすると言う事実。

4回連続でその体験をした時に、
あるパターンに気付きました。

何を意識したら、若手のモチベーションが上がるのか?
と言うパターン。

そのパターンとは簡単な2つの言葉の組合せから成ります。

一つ目は「一生懸命」を引き出す事。

若手社員が、どうやったら一生懸命になってくれるのか?
その視点からのファシリテーションによって
まず、若手のテンションを上げていきます。

そして、次に重要なのが

「棚にあげる」

と言う視点。

この視点を持つと若手は嬉々として、
自分がいかに出来ていなかったか?
と言う視点に気付いてくれるのです。

事前にテンションを上げておくことがポイントです。

通常は自分が出来ていないことに気付くことにはある種の苦痛が伴います。
もちろん、人によって受け止め方は別ですが概ねその傾向が見られると言うのが私の考え方です。
それを、発想を変えさせる事により深い気付きを得ることができると確信したのです。

「棚の上げ方」については、また別の機会に譲りたいと思います。

経験は尊いですね。
いくつもの成功法則を見出すチャンスがあります。


カテゴリ:


海外企業向けチームビルディングの秘訣

海外企業向けチームビルディングの秘訣

皆さん、こんにちは。
日本チームビルディング協会、ナオ@倉科です。

東京、大阪、東京、神戸の研修4連投が完了し、
今日から中国チームビルディング!
広州の中国企業へ行って来ます( ̄^ ̄)ゞ

今回から、また違う中国企業になるので、まずは通訳さんとの関係作りから。
海外チームビルディングを成功させられるか否かは、この通訳さんとの関係作りが80%を占めると言っても過言ではありません。

これがうまく行かなければ、どんなに良いコンテンツも、全ては水泡に帰します。

これは、単純に言葉の壁を乗り越えれば良いと言う事ではありません。
もし、そうなら日本人ファシリテーターなら日本国内のチームビルディングは全て成功する事になりますから。

これまで4年に渡り中国企業に対するチームビルディング経験。

そこから、講師、通訳、中国人受講生三者
のバランスをどこにポジショニングすれば成果の最大化が可能か閃いたことがあるのです。

今回の訪中で、そのノウハウが機能するか確認して来ます。
機能すれば、一つのコンテンツになるチャンスがあると感じています。

何れにしても、大切な事に気付いて頂ける瞬間は至福の時。
心を込めて、お伝えして来たいと思います。


カテゴリ:


チームの成果を生み出す秘訣

「人は理解では変わらない・・・
“気付き”は理屈を超えた腑に落ち感である。」

改善を繰り返し3回目のチャレンジで
アクティビティのゴールに到達したチームに対して発せられた、
講師・齋藤代表理事の言葉。
参加者の表情が紅潮していきます。

到達した、という単なる事実が、大いなる自信へと変換され、
更なる高みに向かいたい!
という全員の本気が引き出された瞬間でした。
チームのエネルギーが一気に凝集していきます。

ファシリテーターは良質な空気であることが重要。
基本的に力づくで牽引していくことはしません。

チームの状況がどこにあり、どの視点から変容させていけばよいのか?
チームに対する洞察力が問われます。

そして小さな石を投げかけて波紋を起こす・・・
これは、学べば誰でもできること。

石をどこに投げれば良いか?

そのポイントを押さえておけば、後はその場所に小石を投げる練習をするだけ。
ポイントがわからず、やみくもに投げても波紋は起こせないんですね。

チームの成果を生み出す秘訣
あなたと一緒に学んでいきたいです。

斉藤式 チーム・アヴィリテーター講座

※アヴィリテータ―の名称は、「ability」(能力・才能)と「facilitator」(促進者・進行役)の造語で、チーム力を高める人のことを示しています


カテゴリ:


0から1が生まれた瞬間

理想のチームについて、自由に意見を出し合ってもらいました。

テーブルの上に並んでいく、たくさんの素晴らしいチームの状態。
みんな楽しそうに発言しています。

ところがその後、
沈黙が訪れます。

目の前に並んでいる、たくさんの素晴らしいチームの状態と、
今の自分達の状態を見比べて

足りないことだらけだと、気付いてしまったから。
今が全然楽しくないと、気付いてしまったから。

そんななか、Tさんが口を開いて話し始めました。

「私、明日からもっと笑顔でいようと思う・・・」

「いいね、いいね!」
仲間の声が続きます。

今の状態がベストであるわけがない。
より良い未来を想像するからこそ、
新しいチームを創造することができる。

欠けている大切なことに気付いたら
小さな一歩を踏み出しましょう。

「私、明日からもっと笑顔でいようと思う・・・」
Tさんは翌日、素敵な笑顔で職場に現れました。

新しいチームが創造されはじめた瞬間。
0から1が生まれた瞬間。


カテゴリ:


大きな成果は小さな変化から

緩やかな変化に目を向ける・・・

大いなる成果を得る為に、
小さな変化を探してみる。

行動すれば、必ず何かが変わります。
その小さな変化を探してみる。

行動には成果を求めてしまいがち。
それも大きな成果を期待してしまいます。
それはもちろん大切なこと。

だけど、大きな成果は小さな変化から始まるのです。

見つけた小さな変化を、メンバー全員で共有して喜んでみる。
ジワーッとチームのエネルギーが高まっていきます。

あなたの取り組みで起きた小さな変化は何ですか?


カテゴリ:


ある中学生からの手紙

「僕はクラスの中で居場所が見つからず、孤立してしまったことがあります・・・」

こんにちは。ひでさん@倉科直樹です。

修学旅行のイベントとしてチームビルディング講座を受けて頂いた
中学生の皆さんからお手紙を頂きました。

わずか2時間半の研修にも関わらず、
皆さんがよく内容を理解されていることを感じました。

その中の1通、
冒頭のお手紙を以下に掲載させて頂きます。

++++++++++++++++++++++++++++++

さて、先日はためになる時間を過ごさせて頂きありがとうございました。
今まで何でも一人でやりがちだった僕が
チームの大切さや、楽しさを知ることができました。

僕は、自分が自分でいられる場所を作ることが大切ということに同感できました。
僕はクラスの中で居場所が見つからず、孤立してしまったことがあります。

その時は自分が自分でいられずに、周りを拒絶しがちでしたが、
チームビルディングの話を聞いて、まず自分から変えていこうと思いました。

今では、クラスの皆と気楽に話せるようになりました。
このクラスで第4段階になり、体育大会などの行事に臨んでいきたいです。

++++++++++++++++++++++++++++++

めっちゃ嬉しい!

伝わった・・・
感じとってくれた!

自分から変わる。
そして周りとの関係を変えていく。

なかなか、その行動はとれません。
わかっていても行動できないのです。

私もいじめられた経験を持ちます。

教室内で孤立する事の恐怖・・・
経験しなければわかりません。

その中で、多感な中学3年生がやり遂げた!
ただただ素晴らしいと思うのです。

受講頂いて1か月後に届いたこのメッセージを
すべての人と共有したい。
そう感じています。

変わるのは一瞬。

彼は、勇気を出して向き合った。
クラスメートと向き合ったのです。
自分をさらけ出して。

そして変化を生みだした。
ありがとう。
勇気を頂きました。

感謝!


カテゴリ:


渦巻(うずまき)から螺旋(らせん)へ

渦巻(うずまき)と螺旋(らせん)の違いはなんでしょう?

渦巻と螺旋、
どちらもグルグル廻っていますね。

渦巻きは平面に描くことができますが
螺旋は立体、平面に描くことはできません。

渦に巻かれている時は、抜け出せずにいる状態。
成長実感が持てないこともあるでしょう。

でも、その渦から抜け出そうともがくのではなくて、
渦の中心に向かって加速してみる。

敢えて飲み込まれる方向へ舵を切ってみる。
そして勇気を持って潜ってみるのです。

横軸から縦軸への変化を起こす。

抜け出すのではなくて、
流れに身を委ねて進んでみるということ。

身を委ねてみることで、見えてくるものがある。
それに気付いた時、
深く潜りゆくエネルギーを飛躍するためのエネルギーに転換できる。

大海原から昇竜が飛び出すかの如く螺旋となる。
渦を巻かなければ、螺旋エネルギーは生まれません。

考え方をちょっと変えてみるだけ。

もしあなたが螺旋の中心に向かったら、どんな変化が起こりますか?


カテゴリ:


チーム創りの基準

新年明けましておめでとうございます。
みなさんどんなお正月でしたか?

さて、実家に遊びに来た姪っ子と手を繋いだのですが、
その手の温かさに、ぬくもりに癒されたんです。

一人では感じることのできない幸せなぬくもりでした。
何気なくつないだ手、そこに“素”がありました。

つなぐことに慣れてしまうと・・・

見えなくなることがある。
感じなくなることがある。

きっと日常には幸せの素が溢れている。

チームもまた同じ。

メンバー一人一人と過ごす奇跡の時間。
曇りなき瞳で、相手の存在をただ観る。
そして気持ちを寄り添わせたとき安全な場が創られていくのだと思います。

チーム創りの基準(どんなものでも良いのですが)を意識することで
間違いなくチームが変容していきます。

今月の勉強会は1月20日(金)です。
テーマはリーダーシップ。

参加者全員で学びを深めていくスタイルが評判です♪
どうぞ、気軽に遊びに来てみて下さいね。


カテゴリ:


何でも言い合える関係って大切!

おはようございます。
ひでさん@倉科直樹です。一般社団法人 日本チームビルディング協会の理事をしています。

チームビルディングにはいくつか大切なポイントがあるのですが、
「何でも言い合える」という関係もその一つです。

ここで間違ってはいけないのは、「何でも言い合える」というのは
「なんでもワガママを言える」関係ではないということ。

チームにとって役に立つはず!という考えがあなたの中にひらめいた時、
役職や経験年数、年齢や性別に関係なく言い合える関係性があることを指しています。

先日、私がセミナーの準備の為に机の配置をしていた時の事。

サポートしてくれている、みよちゃんが「この机が邪魔なのでどうにかしたい・・・」
と言ってくれました。
私は、自分なりに工夫して配置していたので、ちょっとムッとしてしまったのですが
移動しているうちに、よりベストな配置が思いついたのです!

自分ひとりの考えには限界があります。
チームメンバーの考えに頼る。

そして、チームメンバーが何でも発言できる環境を整えること。
とても大切な要素なのです。

今日もあなたにとって素敵な1日になります!


カテゴリ:


大切なのは、あなたをさらけだすこと 2

おはようございます。
ひでさん@倉科直樹です。一般社団法人 日本チームビルディング協会の理事をしています。

前回、“信頼関係の種”のお話しを致しました。

この種、実に育てていくのが難しい。
どうがんばって見ても、目には見えないからです。

人は残念ながら、見えないと不安になったりする生き物です。

いつも笑顔で挨拶してくれる人から、笑顔の無い挨拶をされたとしたら・・・
不安になりませんか?
でも、自分の隣の人への挨拶が笑顔だったら・・・

あなたの不安は膨らんでいくかもしれませんね。

その時のあなたの解釈は2通りあるでしょう。

①何か悪いことでもしたかな?
②何か心配事でもあるのかな?

①は自分を中心とした物事の捉えかた。
②は相手を中心に捉えた考え方。

①と②、普段あなたはどちらを選ぶでしょうか?

信頼の種を育てていくのに大切なこと。
それは②の相手の立場にたった考えを持って寄り添う事。

それを続けることなのです。

相手を変えることはできません。
でも寄り添う事ならできますよね。

その寄り添う為の、軸を相手の立場に合わせてみる。

自分の立場を理解しようとしてくれる人の事を
悪く思う人はいないと思います。

少なくとも、マイナスの影響は与えないでしょう。

相手を変えるのではなく、自分の在り方を変えていく。

相手の立場に立つという視点で1日を過ごしてみませんか?

何か新しい発見があるかもしれませんね。

今日もあなたにとって素晴らしい1日になります♪


カテゴリ:


大切なことは、あなたをさらけだすこと

おはようございます。
ひでさん@倉科直樹です。一般社団法人 日本チームビルディング協会の理事をしています。

他の人を受け入れると同時に大切なことは、あなたをさらけだすこと。

難しいですか?
人間関係は相手の話を聞くことからスタートするという考えはご存じだと思います。
でも、その聞くことから関係を深めていくために大切なのは、
あなたがどんな存在なのか?どんな人なのかを最初にさらけだすことです。

自慢するのではなく、
ありのままを、見せるのです。
恥ずかしいですか?

人は無防備な状態で近寄られると、初めは警戒するようですね。
それは、無防備という状態が本当だと思えないからのようです。

私は講座の自己紹介で、いかに自分がダメダメだったかをよくお話しします。
自分をさらけだすのです。

それを続けていくと・・・

最初は腕を組んだり、足を組んだりしていたみなさんが
徐々に真剣な表情になり、身を乗り出してきて下さる。

そんな経験を数多くしてきました。

無防備に対する警戒心が解けたとき、
それまでの警戒心は一粒の“信頼関係の種”となります。

ここから、お水を上げたり、お日様の光を浴びせてあげたりして
育んでいくですが・・・

そのお話はまた別の機会に。

今日もあなたにとって素敵な1日になります!


カテゴリ:


チームは“個”を成長させる“器”

おはようございます♪

ひでさん@倉科です。

昨日はチームビルディング実践講座でした。
ご参加頂いた皆さん、本当にありがとうございました^^

チームの発達段階をもとにご自身の組織をどう変革していくか?
その第一歩となる処方箋を作成頂きました。

チームは“個”を成長させる“器”

その大切な“器”を作るために、私たちがどんな一歩を踏み出せばよいか?

みなさんお分かりになりますか?

チームビルディングって何だろう?
そんなあなたには、紹介セミナーがお勧めです。

東京での開催は、11月23日(日)13時から

http://jtba.jp/seminar/introductory

チームビルディングの視点からみたチームの問題点がどこにあるのか?
それを探る1時間の無料セッション付きです。

会社に行きたい!

そんなチーム創りを目指す仲間大募集中です^^

今日もあなたにとって最高の1日になります♪


カテゴリ:


チームの力を生み出していくエネルギー

こんにちは。
ひでさん@倉科直樹です。

チームの力を生み出していくエネルギー。
それは人としての“在り方”が源。

“在り方”とは、メンバー間の信頼関係や一体感、ビジョンの共有であったり、
自分がやるんだ!という当事者意識だったりします。

具体的なプランや役割分担という“やり方”を最大化するための原動力なのです。

どんなに立派なプランでも、信頼できていないメンバーと一緒に進めることはできません。

その為にに必要なことは・・・
心を合わせていく事。

無理やりではなく、自然に相手を受け入れていく。
他者受容がお互いにできている。

相手の事が理解できると、心は寄り添っていきます。
心が寄り添うと、相手も寄り添ってきてくれるのです。

あなたが寄り添う事をやめない限り。

チームを動かす源“在り方”。
それは、あなたの「メンバーを受け入れる」という強い思いから生み出されていくのです。

今日もあなたにとって素敵な1日になります! 

いよいよ来週、11月11日(火)はチームビルディング実践講座の開催です。
http://jtba.jp/seminar/practical-beginner

学びを深めたい方、是非ご参加下さい^^

 


カテゴリ:


今日もあなたにとって素敵な1日になります!

おはようございます。
ひでさん@倉科直樹です。一般社団法人 日本チームビルディング協会の理事をしています。

私のブログの最後のフレーズ。
「今日もあなたにとって素敵な1日になります!」

この表現、結構お気に入りなんです。

私が、職業訓練校の校長をさせて頂いていた時に生徒さんから頂いたメールの締めくくりに書かれていました。

「素敵な1日になりますように。」ではなく「素敵な1日になります!」
この断定した言い方。

日本語としては違和感があったものの、その方の想いがとても良く伝わってきたのです。

チームメンバー相互のコミュニケーションはとても大切です。
その時々に応じた自由な表現、相手の性格を慮った表現を使ってみるといいのかもしれません。

文章表現のテクニックではなく、思いを乗せて話す。伝えてみる。
それがあなたらしさを伝えてくれる。

そんな中から信頼関係は築かれてくるのだと感じます。

今日もあなたにとって素敵な1日になります!


カテゴリ:


チームの最小単位

おはようございます。

ひでさん@倉科直樹です。一般社団法人 日本チームビルディング協会の理事をしています。

 

あなたはチームと言うとどんなイメージがありますか?

仕事仲間?

趣味を同じくする人たち?

町内会での集まりや学校行事を共にすごす人たちでしょうか?

スポーツを連想する方もいるかも知れませんね。

人が2人以上いて、ある目的を達成することを約束している状態。これがチームだと思うのです。

ジャンプ

チームの最小単位は家族です。

家族がチームだなんて意識しませんでしたか?

でも、家族みんなが幸せになることって大切!

もちろんお分かりですよね。

みんなが幸せになる!それが家族チームの目的です。

だから一人一人が、家族に何かをしてもらう事を当たり前と思うのではなく、

感謝の気持ちを持って接していく。

それだけで、家族の関係性が良くなっていくのです。

当たり前なんか何もない。

 

「ありがとうございます。」

 

そんな感謝の気持ちを持って、今日の一日のスタートをしてみませんか?

 


カテゴリ:


y[W̐擪