【12/3出版記念講演会】マネジメントが楽しくなる!自立人材が育つ!

「マネジメントが楽しくなる自立人材が育つ組織創りのノウハウ」

MP900387477

【部下指導のストレスから解放されたら、あなたは何をしたいですか?】

正直、部下指導に限界を感じていました。

色んな管理手法を学び、実践してきましたが状況は平行線・・・

それどころか部下との距離感は離れていく。

「どうして、わからないんだ!

こんなに手取り足取り指導しているのに!」

そんな心の叫びに苛まれる日々を過ごしていました。

業績の上がらない事を部下のせいにし、

ストレスに押しつぶされる寸前まで追い込まれる。

部下との関係性はギスギスしたものになり会話は最低限の報告だけ。

「自分が楽になりたかった・・・」

大手、通信会社に勤務する課長さんの体験談です。

みなさん、こんにちは。

チームビルディング協会代表理事の斉藤秀樹と申します。

あなたは、本当のチームの力を体験した事がありますか?

“最高のチームを増やすことで世界を変える!”

これが私のミッションです。

良いチームには笑顔が溢れています。

メンバーの真剣な表情を生み出す素“心の笑顔”が溢れているのです。

存在を認めあうチームだけが持つことの出来る笑顔。

この笑顔を私は増やしていきたいのです。

人は一人では生きていけませんよね。

だから助け合って生きています。

しかし、残念ながら

この“心の笑顔”が見られるチームはほとんどないのも事実なのです。

そこにあるのは、義務という名のもとに集められし者が生み出す

あきらめ感ややらされ感・・・

リーダーは強権を発動しメンバーを動かし成果を求めていく。

冒頭に紹介した部長はまさにこのタイプでした。

彼は・・・

自らを変えることを選択し行動し始めました。

自分のあり方を変え、メンバー一人一人の尊厳を認め受け入れたのです。

その行動はメンバーの気持ちに火を灯していきました。

それは、小さい灯し火のようでしたが、徐々に成長していく力を持つ炎となり・・・

やがて炭火のような力強い熱を生み出すに至ったのです。

今彼の率いるチームは会社で表彰を受けるまでに成長しています。
(詳しくは本書をご覧ください。)

MP900385539

存在を認め合い、互いの価値観を受け入れ、ゴールすることに価値を共有できた時、

メンバーの心の笑顔は輝きだします。

私はそんな笑顔溢れるチームを増やしたいのです。

“最高のチームを増やすことで世界を変える!”

その想いを語り続けたことが、今回の出版に繋がりました。

これまで、共感頂き支えて頂いたあなたのおかげです。

まずは心より御礼申し上げます。

本当にありがとうございます。

でも私にとって、今回の出版はスタートにすぎません。

一人でも多くの方に本書を手に取って頂き、世界を変えて頂きたいのです。

心からそう願っています。

是非、この本をテキストとして最高のチームを創って下さい。

作るのではなく創って頂きたいのです。

本書には、現状のチームがどのレベルにあるのか?
何があって、何が足りないのか?

一つずつチェックできるようになっています。

そして、そのチェック項目を達成するための具体的な手法が書かれています。

今回、出版前日イベントとして直接あなたとお話させて頂く機会を設けました。

最高のチーム作りを実践するための秘訣を、
ステップを踏んで伝えさせて頂きます。

最高のチーム創りの秘訣とは部下を管理しない事。

一見逆説のようですが、これが最大の秘訣なのです。

コミュニケーションに関する、本質的な問題解決をしませんか?

ご参加頂いた方には、本書(『斉藤秀樹のチームビルディング術』)
をプレゼントさせて頂きます。

■日時
2013年12月3日(火)19:00~21:00

■場所
総合スポーツセンター4F第1会議室
中央区日本橋浜町2丁目59番1号 区立浜町公園内

■参加費
3,000円

【プログラム内容】
1. 本の内容の簡単な紹介
2. 理論編
(ア) アクティビティ&リフレクション
(イ) チームの成長プロセス

3. 実践編
(ア) 自組織の自己診断と共有
(イ) チーム創り実践ステップとポイント
(ウ) ステップ1:「リーダーのポジションとチーム意識」
(エ) 明日から実践することは何か&共有

4. 質疑まとめ

■当日参加特典
特典1:『斉藤秀樹のチームビルディング術』無料進呈
特典2:チームビルディング協会一般講座10,000円割引ご優待券

■定員
30名

参加お申込みはこちらから

当日あなたとお会い出来ることを楽しみにしています。

一般社団法人日本チームビルディング協会
代表理事 斉藤秀樹


カテゴリ:お知らせ

y[W̐擪