斉藤式 チーム・アヴィリテーター(問題解決)講座

斉藤式 チーム・アヴィリテーター(問題解決)講座

~課題や悩みの本質を解決する問題深掘りメソッド~

問題の真因を探索するために必要な理論体系を学ぶ講座です。

チームの成長がチームの問題解決や成果にどのように関連し、その問題をチーム力で解決するための具体的な方法を提示します。

チームメンバーの力で課題の本当の原因を探索する、ファシリテーション技術を習得することができます。
問題の本質に対するアクションプランが構築されることで、問題解決の質、スピードが大幅に改善します。

アヴィリテータ―の名称は、「ability」(能力・才能)と「facilitator」(促進者・進行役)の造語で、チーム力を高める人のことを示しています。

アビリテーターに関する詳しいお話はこちらのコラムをご参考ください。
コラム:これからのチームの成長に欠かせない人材『アヴィリテーター』

あなたは既に対症療法の限界に気付いているはずです

日々直面する、問題や課題。私たちは対症療法を繰り返さざるを得ません。
それは好むと好まざるとに関わらず日々の業務に追われていることもその一因かもしれません。
その課題に潜む真因にアプローチすることが出来れば、その対策は極めて効果の高いものとなるでしょう。

「これは単なる手法や研修ではなく、人生をいかに自分らしく生きていくかを改めて考え直す機会を与えてもらえる場であると感じました。今日出会えたメンバーのことは、きっと一生忘れることはないと思います。」

斉藤式 チーム アヴィリテーター講座にご参加頂いた方から頂いた感想です。

この講座で学べるのは、単なる課題解決の手法に止まりません。
その手法から得られる効果を最大限に活かす為の秘宝を手にして頂く講座です。

その秘宝に辿り着くためには、試練を乗り越えていく必要があります。

秘宝へとつながる3つのステップ

(1)チームをつくる
(2)現在抱えている問題点を共有する
(3)質問で問題を掘り下げていく

実にシンプルなシステムがそこにはあります。

但し、それぞれのステップには絶対に外してはいけない、避けてはいけない要素があるのです。
ここを押さえることで、あなたのチーム課題は劇的に改善していくのです。

本講座では、課題提示された方に対して、メンバーの多様性を活かしながら質問を繰り返していきます。
この課題を浮き彫りにするための質問にノウハウがあります。
3つの視点から適切に繰り出される質問でなければ、真因到達までの時間がかかります。
単純に「なぜ?」を繰り返すと、尋問を受けているような錯覚をおこし、チームが壊れていくリスクがあります。
もちろん斉藤式チーム・アヴィリテーター講座でも課題提示をされた方がメンバーからの質問に対して苦悶の表情を浮かべることも珍しい事ではありません。

でも、仲間が真剣に自分と対峙してくれている。
それを感じるからこそ、苦しくても自分が無意識に避けようとしている現実と向き合うことが出来る。
そして、そこに浮かび上がるものこそが課題の真因となるのです。

斉藤式 チームアヴィリテーター講座は、課題の真因にアプローチしていく手法を理解して頂く、そしてガイド役としてのファシリテーションを身に付けて頂く講座です。

数千回にわたるセッションから得られたノウハウが詰め込まれています。上場企業からのリピートがかかるのもご納得頂けることでしょう。

あなたは、もう上辺だけの課題解決に悩まされることはありません。

あなたがチームメンバーの多様性を引き出し課題の真因を特定していく。
チーム全員でその真因に向かって行動を起こす。

起きた変化や、新たに発生した問題点について、また真因を特定していく。
そして、チーム全員で行動を起こす。

メンバーがやりがいを感じ、自立的に動いていく状況を創りだすノウハウをこの講座で学んで頂きます。

メンバーから質問を次々と浴びせかけられる課題提示者の気持ちは、時には地獄の責め苦のごとく感じることもあるでしょう。

でも、アヴィリテーターであるあなたが心からチームに寄り添い、本気で向き合うとき。
課題を質問を使って掘り下げていくという過程が、深い信頼関係を築き上げていくのです。

「これは単なる手法や研修ではなく、人生をいかに自分らしく生きていくか改めて考え直す機会を与えてもらえる場であると感じました。今日出会えたメンバーのことは、きっと一生忘れることはないと思います。」

課題解決の手法は世の中に数多くありますが、本講座の特徴はチーム力を最大限に活かすという事。
多様性を活かしきるという事。

もう、リーダーや積極的に発言する人だけに委ねられることはありません。

メンバーの多様性から導かれる真因は、当事者一人だけでは到達できない領域に踏み込み、メンバー全員が当事者としての意識を強く持つようになるでしょう。

本講座はフォローアップとして、“アヴィリテーター研究会”にて異業種間での情報交換やファシリテーション技術の確認を行える場を提供していく予定です。

「他社の方との関わりは、自分の視点を変える大きな気付きでした!」

これもよく頂く感想です。

継続的な学びの共有から、あなたのチームの成功をサポートさせて頂きたいと思っています。
本気の皆様のご参加をお待ち致しております。

受講条件

以下の講座を修了した方

  • 斉藤式 チ-ムビルディング基礎講座(リーダーシップ編)

こんな方におすすめです

  • 組織が硬直していると感じている経営者の方
  • 問題の本質にアプローチ出来ていないと感じている経営者の方
  • 問題が次から次へと出てきて困っている経営者の方
  • 真剣に問題を解決したいと思っているリーダー
  • 本気のメンバーに活躍の場を与えたいと思っているリーダー
  • 課題解決ノウハウを習得する必要のある経営者

本講座で得られること

  • 課題の真因に到達させるアヴィリテーターとしての在り方
  • 課題解決セッションの進行技術
  • 課題解決を促進する3つの質問テクニック
  • メンバーの当事者意識を高めるノウハウ

プログラム内容

  • 問題解決を左右する要素
    ・解決策の両輪DOとBE
    ・問題解決の要素
    ・問題解決のプロセス
  • 多様性と平等が問題解決に与える影響
  • 質問力を鍛えるトレーニング
  • 質問の視点研究
  • 真因探索セッションの体験
  • アヴィリテーターの技法習得トレーニング

取得資格など

  • JTBAチームビルディング プラチナ修了証発行
  • アヴィリテーター研究会への参加資格

開催概要

受講料金

120,000円(税別)昼食込み

再受講制度

本講座は再受講無料となっております。
お申込時に以下の手順でお申し込みください

  • 割引制度【再受講】を選択、購入数に「参加人数」を記入しカートに入れレジに進む
  • 《お客様情報の入力》下部の【備考欄】へ、本講座修了証(プラチナ)のNoを記入

開催日数

2日間 10:00~18:00

定員

12名

最低開催人数

4名
※人数に達しない場合、中止となることがございます。予めご了承ください。

講座開催情報

準備中

y[W̐擪